酵素風呂について

酵素風呂とは?

米ぬかやおがくず、またはそれらをブレンドしたものを床材として利用し、
それを発酵させて熱を発生させます。
そこに入ることで身体を温める入浴法です。

酵素風呂とは電気を使わず発酵熱を使う風呂です。
酵素とはたんぱく質の一種で体内にあるものと食べ物から摂れるものとありますが、人が生きていくためには欠かせない成分です。
酵母などの微生物か作り出され、ほかの物質を分解したり合成したりする不思議な力が
あります。
微生物が有機物を食べて酵素を作り出しますが、米ぬかやおがくずなどが発酵する過程で発する熱を利用して入浴する方法を酵素風呂といいます。
自然の発酵熱を使っているので、電気やガスなどの熱源を使っていません。
このように酵素風呂といいながら従来のお湯につかるお風呂とは少し違います。

酵素風呂 大地の特徴

美肌成分たっぷりの米ぬかと
香り高いヒノキのおがくず

大地の酵素風呂の材料である米ぬかは美肌成分もたっぷりで、
顔を洗ったりパックにしたりと、スキンケアにはとても有効な素材です。
米ぬかを酵素の力で発酵させると60~70度くらいまで温度が上がります。
その中に入ると体感温度は40度程度で普通のお風呂と変わりません。
浴槽の中に入った大量の米ぬかの中に身体を埋めて入ると、身体が芯から温まります。
おがくずも大地の酵素風呂の素材で、木の削りカスですが細かくパウダー状になっているので痛みはありません。
おがくずはそれ自体では発酵できないので、酵素液(発酵液)を加えて発酵させることによって発熱します。
大地では殺菌効果も高く香りが良いヒノキのおがくずを使用しています。

酵素風呂の効能と効果

温泉とは違った温熱療法として
注目を浴びる酵素風呂

  • 01お肌への美肌効果

    酵素が肌に触れるのでツルツルになります。
    酵素洗顔料で顔を洗うと汚れが落ちてスッキリします。
    全身が酵素のおかげでスベスベ、美肌になります。
    米ぬかには美肌効果があるので、シミ・くすみも消えていきます。

  • 02発汗作用でデトックス効果

    体感温度は40度ほどなので普通のお風呂とあまり変わらないのですが、発汗作用がすごいのが特徴です。
    たった15分入るだけで2時間のランニングに相当する発汗量となります。

  • 03体温上昇による免疫力アップ

    体温が1度上がれば免疫力は30%~50%アップするといわれています。
    細胞の新陳代謝が活発になり、自然治癒力も高まります。

  • 04血流アップで冷え性改善

    身体の中から温まり、血流がアップすることによって、
    冷え性・低体温・肩こり・腰痛・更年期障害等が改善するといわれています。

  • 05身体の芯から温まる温熱効果

    酵素風呂はたった15分という入浴時間でも長時間の半身浴をしたのと同じくらい身体が温まり、しかもその温かさが持続するのが特徴です。

  • 06疲れにくくてリラックス効果

    身体への負担が少ないので、普段湯舟に入るのが苦手な人でもゆったり入ることができます。
    自律神経のバランスもとれて体調も整います。

  • 07褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を燃焼

    褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼してエネルギーに変える働きがあるので、この細胞を活性化させれば痩せやすくなり、
    逆に働きが弱くなると太りやすくなってしまいます。
    ではどうすれば褐色脂肪細胞を活性化することができるのかというと、酵素風呂で背中をしっかり温めることが良いのです。
    褐色脂肪細胞は、背中付近(肩甲骨まわり)・首・脇に多く分布しているので、ここを温めるとダイエットに効果的です。
    そしてさらにその効果を高めるには褐色脂肪細胞を刺激すること。冷やすと体温が下がったと感じ、その分細胞の働きが
    活発になります。簡単なのは、酵素風呂に入る前に手を冷やしておく方法があります。

酵素風呂のデメリット

01湯あたり

無理をして長時間入ったりすると湯あたりしてしまします。

02米ぬかのにおいがとれない

酵素風呂の後にシャワーを浴びてもにおいが落ちにくい場合があります。

03好転反応が起きることがあります

初めて酵素風呂にはいったときに、新陳代謝が促進されて目に見えてデトックス作用が起きることがあります。
吹き出物・発疹・目やに・尿の色の変化・皮膚の赤み等、一瞬 驚いてしまうような反応が出ることがありますが、
一時的なものなので心配はいりません。